ほげほげ3 Archive

  • 優勝マシンを再びサーキットへ―。マツダは20日、1991年にフランスのルマン24時間耐久レースで優勝を飾った「マツダ787B」を、今年6月のレース開始前に、現地でデモンストレーション走行させると発表した。マツダ787Bは、ルマンで優勝した唯一の日本車。欧州の観衆が見守る中、「がんばろう日本」のステッカーを張った栄光のマシンがサーキットを疾駆する。 デモ走行は、レースを主催する「フランス西部自動車クラブ」の招待で実現。4月に本社に届いた書状には、東日本大震災の影響を受けた日本のメーカーであることや、奇跡の優勝マシンであることなどが招待理由として書かれていたという。 レースは6月11日午後のスタートで、前日10日にルマン市街地でのパレードに参加した後、レース当日は、開始前に全長約13.6キロの「サルテ・サーキット」をデモ走行する。優勝時にハンドルを握ったジョニー・ハーバートら外国人ドライバーも駆け付けるという。マシンは今月27日に広島県府中町のマツダ本社から搬出され、空路フランス入りする。 ルマンでロータリーエンジンを搭載して優勝したマシンはマツダ787Bだけ。通常のレシプロエンジンに比べ、軽量化、コンパクト化できるメリットがあったという。 ロータリー特有の甲高いエンジン音が特徴。当時、エンジン開発に携わった同社プログラム開発推進本部の山本修弘さん(56)は「マツダの熱い思いと期待を乗せて、ルマンで再びロータリーサウンドを聴かせてほしい」と語った。 

    マツダの優勝マシン、再びルマンへ=震災で招待、レース前にデモ走行

    優勝マシンを再びサーキットへ―。マツダは20日、1991年にフランスのルマン24時間耐久レースで優勝を飾った「マツダ787B」を、今年6月のレース開始前に、現地でデモンストレーション走行させると発表した。マツダ787Bは、ルマンで優勝した唯一の日本車。欧州の観衆が見守る中、「がんばろう日本」のステッカーを張った栄光のマシンがサーキットを疾駆する。 デモ走行は、レースを主催する「フランス西部自動車クラブ」の招待で実現。4月に本社に届いた書状には、東日本大震災の影響を受けた日本のメーカーであることや、奇跡の優勝マシンであることなどが招待理由として書かれていたという。 レースは6月11日午後のスタートで、前日10日にルマン市街地でのパレードに参加した後、レース当日は、開始前に全長約13.6キロの「サルテ・サーキット」をデモ走行する。優勝時にハンドルを握ったジョニー・ハーバートら外国人ドライバーも駆け付けるという。マシンは今月27日に広島県府中町のマツダ本社から搬出され、空路フランス入りする。 ルマンでロータリーエンジンを搭載して優勝したマシンはマツダ787Bだけ。通常のレシプロエンジンに比べ、軽量化、コンパクト化できるメリットがあったという。 ロータリー特有の甲高いエンジン音が特徴。当時、エンジン開発に携わった同社プログラム開発推進本部の山本修弘さん(56)は「マツダの熱い思いと期待を乗せて、ルマンで再びロータリーサウンドを聴かせてほしい」と語った。 

    Continue Reading...

  • 来月6月5日(日)に放送される「爆笑!大日本アカン警察」(フジテレビ・関西テレビ系)の2時間スペシャルに、ナインティナインがゲスト出演。メイン司会のダウンタウンと約14年ぶりの共演を果たすことがわかった。 【大きな画像をもっと見る】 岡村と矢部はナインティナイン刑事としてスタジオに登場。「ダウンタウンとの共演が14年ぶりの理由事件」を自ら捜査する。 この番組では、松本人志扮する警視総監とゲスト審査員らが、刑事たちの捜査報告に基づいて「アカン」か「アカンくない」かをジャッジ。ナインティナイン刑事による捜査の結末を、お笑いファンはぜひ見届けよう。 番組ではそのほか、銀シャリ刑事の「人生の門出を台無しにした親戚の叔父さん事件」、ビビる大木刑事の「実況中に出たしゃっくりを何とかごまかそうとするアナウンサー事件」、板尾創路刑事の「絶対に叶わない願い事を神様につきつけた絵馬事件」などの捜査報告が行われる。 爆笑!大日本アカン警察

    ダウンタウンとナインティナインが14年ぶり共演

    来月6月5日(日)に放送される「爆笑!大日本アカン警察」(フジテレビ・関西テレビ系)の2時間スペシャルに、ナインティナインがゲスト出演。メイン司会のダウンタウンと約14年ぶりの共演を果たすことがわかった。 【大きな画像をもっと見る】 岡村と矢部はナインティナイン刑事としてスタジオに登場。「ダウンタウンとの共演が14年ぶりの理由事件」を自ら捜査する。 この番組では、松本人志扮する警視総監とゲスト審査員らが、刑事たちの捜査報告に基づいて「アカン」か「アカンくない」かをジャッジ。ナインティナイン刑事による捜査の結末を、お笑いファンはぜひ見届けよう。 番組ではそのほか、銀シャリ刑事の「人生の門出を台無しにした親戚の叔父さん事件」、ビビる大木刑事の「実況中に出たしゃっくりを何とかごまかそうとするアナウンサー事件」、板尾創路刑事の「絶対に叶わない願い事を神様につきつけた絵馬事件」などの捜査報告が行われる。 爆笑!大日本アカン警察

    Continue Reading...

  • test4

    Continue Reading...